イメージコンサルタントになるためのWEBメディア| イメキャリ » 骨格診断とは » 骨格診断アドバイザー検定とは?試験の概要や対策方法を解説!

骨格診断アドバイザー検定とは?試験の概要や対策方法を解説!

このページでは、骨格診断アドバイザー検定の内容や勉強法、将来目指せる仕事について解説します。

骨格診断アドバイザー検定とは

骨格診断アドバイザー検定試験は、日本唯一の骨格診断によるファッションコーディネートの知識と技術を認定する検定です。
この試験は、体型に合ったデザインや素材を理解することで、より良いコーディネートができるようになることを目的としています。
アパレル業界、ウェディングドレスショップ、宝飾メーカー、ヘアサロン、百貨店などで骨格診断の専門家が求められているため、この検定試験はプロフェッショナルとしてのスキルを証明することが可能です。
1級アドバイザーや上級アナリストの資格は、イメージコンサルタントやパーソナルスタイリストとしての信頼性や活動範囲を広げることができます。

骨格診断アドバイザー検定取得の流れ

骨格診断アドバイザー検定はどなたでも受験することができますが、実技検定試験である上級アナリストは骨格診断アドバイザー検定1級を合格している必要があります。
各試験の内容やそれぞれで求められる知識について解説します。

骨格診断アドバイザー検定3級

骨格診断についてどのくらい知識があるか腕試しするテストです。スマートフォンやパソコンからご自宅で気軽にトライできます。

骨格診断アドバイザー検定試験3級では、骨格タイプ(ストレート、ウェーブ、ナチュラル)を診断するための基本的な知識を学びます。

試験は 骨格診断アナリスト協会ホームページ掲載の基本情報(https://fashion.or.jp/stylecheck/)から出題されます。
各骨格タイプの特徴や、それに基づいたファッションの選び方などの知識が必要です。
骨の特徴や身体のライン、肌質に応じた最適な服装、素材、柄、アクセサリーの選び方などを理解することが求められます。

骨格診断アドバイザー検定2級

骨格診断の3タイプの人の特徴、3タイプ別の似合うデザインや素材などの知識を持ち、骨格診断を日常に取り入れられるレベルを目指すテストです。

骨格診断アドバイザー検定試験2級では、骨格タイプ(ストレート、ウェーブ、ナチュラル)に基づいたファッションコーディネートのより詳しい知識を学びます。
試験は骨格診断アナリスト協会の公式テキストから出題されます。
試験内容には、各骨格タイプの特徴、適したデザインや素材、ファッションアイテムの選び方などが問われます。
骨の特徴、身体のライン、肌質に応じた最適な服装、素材、柄、アクセサリーの選び方を深く理解すること必要です。

骨格診断アドバイザー検定1級

骨格診断について深い知識を持ち、プロフェッショナルとしてアドバイスできる骨格診断アドバイザーとして活動することができます。
イメージコンサルタント、パーソナルスタイリストとしてのスキル・信頼度など活動の幅を広げる証明となる資格です。

試験は2級と同じく骨格診断アナリスト協会の公式テキストから出題されます。
ストレート、ウェーブ、ナチュラルの3つの骨格タイプの特徴と、それぞれのタイプに合ったデザインや素材の詳細な知識が問われます。
また、各骨格タイプに適した衣類、アクセサリー、靴などの選定基準、さらに、実際のコーディネート提案のための技術やアドバイス方法の知識も必要です。

上級アナリスト(実技検定試験)

認定校にて骨格診断アナリストの資格を取得済み、且つ、骨格診断アドバイザー1級取得者のみ受験することができます。
実技検定試験の合格者には、協会が証明する正確な診断技術と知識を持つ「骨格診断アナリスト協会認定上級アナリスト(最上位)」としての活動が可能となります。
イメージコンサルタント、パーソナルスタイリストとしてのスキル・信頼度など活動の幅を広げる証明となる資格です。

受験要項

詳細は骨格診断アナリスト協会公式HPをご確認ください。

項目 骨格診断アドバイザー検定3級 骨格診断アドバイザー検定2級 骨格診断アドバイザー検定1級
試験種類 IBT試験 CBT試験 CBT試験
試験会場・試験日程 自宅PCやスマホでいつでも受験可能 全国280以上の試験会場で最短で3日後から 全国280以上の試験会場で最短で3日後から
受験資格 どなたでも可能 どなたでも可能 どなたでも可能
検定料 1,320円(税込) 7,700円(税込) 一般受験:13,200円(税込)
認定校受験:10,560円(税込)
出題形式 選択解答式 選択解答式 選択解答式
出題数 20問 40問 50問
試験時間 20分 60分 60分
合格基準 8割・80点以上 8割・80点以上 9割・90点以上
合否結果 試験終了後、画面に表示 試験終了後、画面に表示 試験終了後、画面に表示

試験の対策方法

公式HPや公式テキストで対策する

骨格診断アドバイザー検定を独学で勉強する場合、3級は公式HP、2・1級は公式テキストで学ぶことができます。
公式HPは無料なので、初めの一歩として踏み出しやすいでしょう。

新旧テキスト
引用元:骨格診断アナリスト協会公式HP https://fashion.or.jp/examination/grade-one/index.html

2・1級は出題範囲でもある公式テキストが販売されているので、そちらを購入して勉強することをおすすめします。
注意点としては、2024年4月2日(火)から新テキストに変更になっていることです。テキストの変更に伴い、出題内容も切り替わっています。
ただし検定試験への対応として、「新試験」「旧試験」のいずれかを選択することが可能です(※)。
既に旧テキストを持っている方は旧試験を受けることができるので、持っているテキストに合わせて確認をしてください。

(※)新試験:2024年3月14日(木)よりお申込み開始/4月2日(火)より受験可能
旧試験:2024年6月30日(日)までお申込み可能/9月30日(月)まで受験可能
※2024年10月1日(火)以降の受験は、新試験問題のみ出題

骨格診断ファッションアナリスト養成講座に通う

将来仕事として骨格診断を扱いたい方やより詳しい知識を得たい方は、養成講座に通うことがおすすめです。
骨格診断アナリスト協会を運営するICBIが開講している養成講座では、骨格診断の創始者である二神弓子氏のノウハウを学べます。
信頼されるイメージコンサルタントになるために必要な診断力、ファッションコーディネート力、イメージ演出のスキル習得を目指した5日間にわたるカリキュラムを実施。
これらの座学はオンラインでも受講可能なため、仕事やプライベートが忙しくても安心です。

また養成講座では知識を学べるだけでなく、開業前後の相談や紹介ページへの掲載などのバックアップも行っているため、実践的な形で将来につなげることができます。
検定取得にとどまらず、検定で得た知識を骨格診断ファッションアナリストやイメージコンサルタントなどの職業として活かしたい方は、養成講座での勉強を検討してみてはいかがでしょうか。

コース概要 骨格診断ファッションアナリスト養成講座
対象 初心者
受講期間 5日間(全25時間)
受講時間 カスタマイズ可能
補習制度 規定授業時間の他に10時間分無料で補習可能
※有効期限はレッスン終了予定日より12ヵ月

まとめ

知識の深さや持っている資格によって、将来への活かし方が変わってきます。 理想の未来をイメージして自分に合った方法を選び、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Cooperation
株式会社アイシービーICBI養成講座
卒業後に活躍できる!イメージコンサルタント養成スクール
株式会社アイシービーキャプチャ

引用元:株式会社アイシービー(https://www.icb-image.com/lp/)

骨格診断アナリスト協会代表理事、パーソナルカラー実務検定協会代表理事もつとめている、二神氏が運営するイメージコンサルタント養成スクール。講座の卒業、資格取得がゴールではなく、卒業後にイメージコンサルタントとして活動できることに重きをおき、起業や開業、独立まで徹底したアフターフォローバック体制を整えています。プロとして通じる技術・知識を身につけたい方にピッタリのイメージコンサルタント養成スクールです。

Index